天のアルバム Blog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

綿棒でペンタブの芯を作成しました。

本当に筆圧まで認識されるからびっくりしました。

自分のメモにもなりますので、作り方とか書いておきましょう。

え~と、まず環境ですが、wacom cintiq 21uxという液晶ディスプレイで試しました。

Wacom 液晶タブレット 大画面21.3インチ 画面にダイレクトに、ペンで描く Cintiq21UX DTK-2100/K0




使った綿棒は、無印良品の『細軸綿棒』という200本入りのものです。252円でした。

(※綿棒と作成に使用した部品たち)

私の場合の作り方ですが、
1.長さの見本用に、本物の芯を用意します。
2.その本物の芯の長さに合わせて、綿棒をニッパーで切ります。パチン、パチンと。
3.切り取った綿棒をペンタブレットのペンに指します。
4.尖ってるところがあると画面を傷付けてしまうかもしれないので、ちょっと机とかでグリグリやります。
以上です。

他の人の場合は、飛び出さないようにセロハンテープを巻く。とか、
綿棒の綿の部分を少し残しておくとかあったんですが、私の場合は不要な感じです。今のところは。

また何かあったら追記したいと思います。

実際のイラストはこれから描いてみようと思います。

こんな感じのができました。ちょっと解像度小さすぎましたね(^^;;;
綿棒のテスト

Wacom 液晶ペンタブレット Cintiq24HD DTK-2400/K0


スポンサーサイト

| 雑記 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tennaru.blog97.fc2.com/tb.php/190-a58d0a2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

出会いはお見合いで
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。